シティライド 宜野湾市街地コース
 



宜野湾市の中心の大部分が米軍の普天間飛行場で占められており、基地の外側にある伊佐、大謝名、我如古、普天間の交差点を結ぶ道路全体が市街地になっているため、はっきりとした町の中心が無く、それぞれの地域が独立した地区になっています。西海岸地域では沖縄コンベンションセンターと宜野湾海浜公園を中心に、観光・商業地域として発展しています。

名所
宜野湾海浜公園
沖縄コンベンションセンターや宜野湾マリーナ、トロピカルビーチ、コンサートやイベントで利用される屋外劇場なども含む公園です。横浜ベイスターズの秋季・春季キャンプ地としても有名です。春にはオープン戦も開催されます。

大山田芋畑
大山田芋畑は、沖縄県宜野湾市大山の国道58号と宜野湾バイパスに挟まれた地域に広がる南北約1.5kmの畑で、沖縄県内では金武町と並ぶタイモの一大産地となっています。

嘉数高台公園
嘉数高台公園は、沖縄戦で日米両軍が攻防を繰り返した激戦地となり、犠牲者を追悼するための慰霊の塔が建てられています。当時のトーチカが保存されており、戦争の実相を学ぶ場ともなっています。展望台からは、遠くの残波岬や慶良間諸島を望むことができます。

宜野湾市立博物館
宜野湾市立博物館は沖縄の古代から現代に至るまでをテーマにしています。

普天間宮
普天満宮は、琉球八社の一つに数えられています。社殿裏には全長約280mの鍾乳洞である。普天満女神や普天間仙人の伝説があり、沖縄貝塚時代前期後半以後の遺物が多数発掘されています。