山行報告

八ヶ岳(阿弥陀岳北稜、赤岳)
(2017年03月20日) カテゴリー:登山, 雪山

3月17日の夜8時に鳥取駅に集合、八ヶ岳へ向かいました。翌18日早朝、美濃戸までは車が入らなかったので美濃戸口から南沢経由で行者小屋目指し歩きます。
三連休でテント場は約50張りくらいと賑やかです。小屋も宿泊出来たようです。

初日は移動の疲れをとるため、とりつきへ行く道を確認してからゆっくりと明日に備えます。

19日(日) 現地近くに住んでいるA君が合流、6時半テント場スタート。いい天気の予感(その時は)
右から阿弥陀岳、中岳、赤岳。

歩き始めの樹林帯

登るにつれだんだんガスが…風も少々強め

7:30 とりつき到着。先行パーティ一1組あり。

7:50 準備を終え私達も開始。ホールドがしっかりあるのでサクサクと登って行きますが、スタートのみ手足の位置が遠いので小柄な人は少し苦戦します。
1ピッチ、2ピッチ合わせて3ヶ所支点もありました。

2ピッチ目終わってからの3~4㍍のナイフリッジ。

9:30 無事山頂到着しました!

時間もあるので中岳から赤岳へ縦走します。阿弥陀岳から中岳への下りはかなりの斜度なので慎重におり、文三郎分岐からは大勢の登山客なのですれ違いに気を配りながら12時には赤岳山頂に到着しました。この頃には天気も回復、強風を覚悟していましたがとても穏やかでした。

そして文三郎尾根を下りながら、来年もここに来れるよう何度も赤岳主稜を眺めつつテント場へ戻りました。

弥山東陵
(2017年03月20日) カテゴリー:大山, 雪山

 ヘッドライトを点灯させ、大神山神社に安全祈願する。昨年を大きく上回る残雪には、多くの足跡、スキー・スノボーのラインが付いている。元谷を歩く我々を、朝日で少し赤くなった北壁と、稜線に沈んでゆく月が出迎えてくれた。素晴らしい一日になりそうだ。

 元谷避難小屋で登攀用具の準備をして、締まって雪崩も心配なさそうなカールの真ん中を歩く。左の宝珠尾根は紫色、前の北壁は青に変わってゆく。冬の山は綺麗だ、本当に美しい。壁がどんとん近づいて来ると、谷間はふかふかの発砲スチロールの様な雪で足がどんどん埋まって行く。滝沢にはクラックがあり、このまま真っ直ぐ行くのは気持ちが悪い。
 7時30分。落ちて来る小石を躱しながら、ようやく取り付きに到着した。人気のないルートなのだろうか、トレースはない。Tさんは下部の適当な場所にアンカーが作れそうにないらしく、取り付きを少し上がった所にいた。弥山東陵のオンサイトトライが始まる。
 1ピッチ目。弱点っぽく生えた木を利用しながら登る。ビレイする私めがけて容赦なく雪の固まりが落ちて来る。そしてTさんは順調に登っていった。
 2ピッチ目。私にとって記念すべき北壁登攀最初の一撃を射し込んだ。そして蹴り込んだ。人工の爪を付けた両手両足で攀じ登る。所々に生えた細い木に、支点のスリングを結びロープをかけながら徐々に高度を上げた。最初はマルチピッチの要領でサクサク順調だったが、木も無くなり、スリングを結い付けられそうな岩も無い雪稜に出た時「マジか・・」と恐怖を感じた。あそこの岩は使えるだろうか!?雪面から少し出ている岩の先端に120mmスリングを巻き付け、セルフをとり2ピッチ目の支点ビレイをした。ここから先は少し斜面が緩やかになっていたので、コンテニュアスで進む。どのくらいの間隔で登るのがいいかは雰囲気で決めた。Tさんが設置した支点を回収しながら同時登攀する。弥山西陵ではNさんと、会員外ではあるが我々の仲間が尾根の頂上を目指していた。順調そうである。東陵の切れ落ちたリッジの左側にトレースが現れたので、遠慮することなく同じ場所に足を置くことにした。私とTさんはトップを交代しながら順調に進む。途中に一カ所だけリングボルトがあったが、アンカーとして使うなら細くても生きた木の方が安心して使えるように感じた。

 切れ落ちた稜線の先にモコモコとした急斜面が現れていた。明らかにこれまでの斜面とは違っている。「そこが東陵の核心です」西陵からNさんの声が届く。私は雪面に足場を作りSABで確保する。Tさんは核心の下部でセルフビレイをした。東陵の核心部は青空の下にあった。雪の表面は氷のように固い。ダブルアックスでなければどのように登るのだろうか。アイゼンが付いた冬靴は足の先だけ雪に刺さる。木が多く露出しているので、支点には不自由しない。これならいける!!「ここは楽しいね〜」と声をかけた。
 核心を越えた辺りの直径4cm程の木で確保し、Tさんの到着を待つ。この先は岩稜地帯になっていた。あの辺りの弱点っぽい岩場を直登するか、沢に沿って右側に残るトレースを辿り巻くか相談する。決断はリーダに任せた。
 頂上かと思われた場所にTさんが待っていた。「え〜まだ上があるの」ハアハア
緩やかだが、立って歩くのにはきつい真っ白な斜面。トレースは消えていた。数歩数歩で雪の固さは変化し、他の登山者が下界を眺めている場所になかなか辿り着かなかった。
11時30分頃。なんとなく肩がらみで確保してリーダTさんの到着を待つ。剣ケ峰方向の人の姿に手を振る。2人は両手で握手をしてお互いに感謝した。

 頂上の避難小屋は2階まで埋まっていた。スキーやスノボーを担いでいる人の数も多い。7合目辺りで元谷へ滑って下り、カメラを構える人が見る方向を振り返ると、プラチナ色に太陽を反射する北壁があった。
「次は滝沢尾根かな〜えっ?天狗沢??Y師匠のところでトレーニングかな。三鈷峰とか良さそうだったけど」とかなんとか話しながら来年の計画とする。