山行報告

槍ヶ岳から西穂高岳へ
(2017年09月25日) カテゴリー:岩登り, 縦走

 本当に奇跡的な事であるが、それぞれが一家の大黒柱といえる一般の社会人が5人、今回の縦走に集結する事になった。名付けて「おじさん達の修学旅行」なのである。ザックにはポテチがパンパンになるほど入っている。
 一日目はアプローチのつもりで緊張感もない。テント泊の私などは、大切なマットを車に忘れてしまい、登山届を出す場所から引き返すほどであった。北アルプスの懐は深い。我々はこの怪物の中で、自らのあまさを痛感することになるのだが・・
 6:30 新穂高ロープウェイ乗り口付近から林道に入る。幅が広くて興ざめを感じるほどの近代的な道である。これが奥穂高岳への分かれ道の白出沢出会頃まで続く。新穂高温泉から白出沢出会を経由し槍ヶ岳へ行く登山道には、渡渉ポイントが幾つもあり、雨が降ると川が渡れなくなるそうである。まるで神社の清めの泉のような水場が現れると、ようやくここから、小走りしたくなるくらいの山道になる。登山道に傾斜はない。槍平小屋まではハイキングである。
 9:55 槍平小屋を出て高度2100mを越えてくると、登山道は明らかに上りになり、足が重くなってくる。

 12:10 千丈分岐点。千丈乗越方向が秋らしくなっていたのでこちらを歩くことにした。大喰岳方向は、灰色のつづら折れの道である。
 13:45 両足の太ももがつりそうになるのを騙し騙し、ようやく槍ヶ岳山荘に到着した。テントを稜線のテン場へ設営し、千丈分岐点を大喰岳方向に行ったメンバーを待つ。メンバーの多くに軽い高山病の症状があった。それぞれが宿泊の手続きを終えると、槍ヶ岳山頂へ向かった。

 二日目。フライシートに霜が付いていた。夜明けの太陽は槍ヶ岳の背中方向。槍ヶ岳山頂に登る人もいた。
 7:30 出発の準備に手間取り、他のメンバーを追いかけての出発となった。北アルプスに限らないが、稜線を歩いていると動物的な部分から喜びが溢れて来る。何かとても冒険的なのである。水は南岳小屋や北穂高小屋で補給できる。大キレットには、金属製の足場があるものの、手がかりが乏しい岩があった。北穂高岳方向からこの岩に上がるときは、両手が離れないように手で岩を押さえつけて立ち上がってもらいたい。北穂高岳や涸沢槍は、大キレットより遥かに厳しい。すれ違うのも難しい場所があるので、ボルダリングジムなどで3点支持の事前練習が必要と思う。何よりも重要な事は、不安定な岩を使わない注意力だと感じた。鞍部の少し上から見る峰は巨大で登れそうにないように見える。とても脆そうな岩山なので、勇気を持って向かうしかないのだ。北穂高小屋はまさにオアシス。私は味噌ラーメンを行動食代わりに。リーダーのNなどは、危険な場所がまだ残っているにも関わらず、剛胆にも生ビールを飲んでいた。気分の良い稜線であった。

 13:30 穂高岳山荘に到着。一番下の一番奥にテントを設営し、気が付くと鼻から血が出ていた。別に変な想像をしたわけではない。ワインを飲みながら、他の登山者との団欒をする。涸沢はテントで紅葉していた。それにしても、眠ると頭が痛くなるのは何とかならないものか。興奮の為か、眠れない者もいた。

 三日目。いよいよ山行のメインディッシュ、奥穂高岳から西穂高岳のルートに挑戦する。
 5:45 奥穂高岳へ向かう岩場へ向かう。そして頂上の下の分岐を右に。馬の背は2年前より短く感じた。私達は成長してここに帰ってきていたのだ。ジャンダルムの上では、まるでもう登山が終わったと思わんばかりの握手を交わした。写真を撮る者も多かったが、私はそんな気分にならなかった。危険な場所であり気が抜けなかったからだ。奥穂高岳から西穂高岳に向かうルートは日本一難しい登山ルートと言われる。岩山の上り下りの連続と様々な岩質との格闘と言えた。全てが岩というより、瓦礫の山といったイメージがピッタリとする。晴れていて荷物が軽く、稜線を歩くのが自分一人なら楽しいだろうなと思う。だが、ここは非常に危うい。加害者や被害者となるリスクが常に付き纏うのだ。ここに挑戦する為には、そこそこの登る技術と、非常に高度な歩く技術は当たり前として、十分な保証のある登山保険とヘルメットが必須と思う。西穂高岳の前で、この登山が9回目と笑顔で話す女性とすれ違った。岩は大丈夫だが体力が続かないと仰ったが、このような所を9回も歩けるというのは、健康以外にも何かが必要と思う。とても真似が出来そうもない。

 ルート上に白い丸やバツの目印は少ないが、支尾根に迷い込んでしまうような感じでもない。多くの峰の鞍部にはビバーグ用と思える場所があった。核心部はどこだっただろうか?奥穂高岳から西穂高岳の間については核心と思える場所だらけで、一つに絞る事はできない。右側には槍ヶ岳があり、どんどん遠くなっていった。左には紅葉し始めの上高地が美しかった。
 13:20 ようやく西穂山荘に到着した我々。西穂ラーメンは味噌の方がよいと思った。リーダーNは、ピラミッド8付近で、穂高岳山荘でコソコソと作ったコロッケ入りの巨大おにぎりを食べたらしく、ここではソフトクリームにしていた。
 ロープウェイまでまだ距離はあるが、高度が低くなったおかげで、体も軽く息も切れない。ロープウェイは乗車券の他に、荷物券が必要だった。
 15:15 ロープウェイは通年稼働している。第2ロープウェイには臨時便があり、今時期だと7:00発があるようだった。
 初めての雨が降って来た。天候にも恵まれた今回の遠征は、きっと忘れられないものになるだろう。深山荘の露天風呂に入り、おじさん達の修学旅行は多くの思い出となりながら終わろうとしていた。

錫杖岳前衛フェース左方カンテルート
(2017年09月23日) カテゴリー:岩登り

 登攀前夜は槍見館近くの駐車場で1泊した。メンバーは当会のYと私、会員外の2名。錫杖岳左方カンテルートは、ナチュラルプロテクション主体のルートである。ボルトは、各ピッチの終了点に2つずつ、最終ピッチのフェイスのスタートに1つだけあった。
 笠ヶ岳の登山口に設置された箱に登山届を入れ歩き出す。登山道の所々が岩場になっている。橋が無い川をヨイショ!ヨイショ〜と渡り、しばらく登ってからの分れ道を左下へ向かう。水が流れる2本の沢の出会い付近にテントを張った。正面にある(ガスで見えなかったが)錫杖岳から流れる沢の水をペットボトルに入れる。この錫杖岳へ向かう沢を上がる途中で道が二手に分かれる。右側へ進んだ。30分ほどで目の前に岩場が現れる。1ルンゼルートである。今回はここを更に左へと向かい左方カンテルートを探した。木が多いルンゼが現れると、そこが目指す所である。
 1ピッチ目だけ私がトップ。後のピッチはリーダYがトップを行く。岩場の前でザックを1つにし余分なものはデポした。#4までのキャメロットを装備する。メンバーの内3人には初めての錫杖岳である。
 1P ルンゼ状で岩と木のミックス。移動の疲れがあり、左ふくらはぎが痙攣していた。疲れが無ければスイスイ登れるだろう。もしかしたらコンテでもいいのかもしれない。

 2P 引き続きルンゼ状の岩場。ピッチの途中は急なフェイスになっている。1Pよりは難しい。5.8くらいかなという感覚。ガスがあり視界が今ひとつ。この先のルートを知るTさんを待つ2人の眼下に、Tさんが1ピッチと2ピッチをリードし現れた。前はここまでの2つを一気に登った記憶があるとのこと。
 3P ボルトが無いということは、ルートファインディングも難しいということを思い知ったピッチ。ハーケンは見えたのだが使わず、カムのみで支点をとり、このハーケンの下から右へトラバースするルートをとった。離れたところに良いホールドが見えるのだが、足が見付からず戸惑う。落ちるかもしれないと思いながらムーブを探り、なんとか切り抜けることは出来た。トラバースの後は快適な上り。これが10a??トップでカムをセットしたリーダYは並ではない。ピッチの終了点で待つリーダYへ「落ちんかったよ〜」このピッチは厳しかった。
 翌日、同ルートを登攀したパーティーにこの3ピッチ目について聞いたが、まるで違う場所を登っていたように聞こえた。

 4P 3ピッチ目の余韻から覚める事が無かった。3ピッチ目の終了点から歩いて取り付く感じ。湿ったチムニーを登る。苦労しそうに思えたが意外に大丈夫だった。所々ハンドジャムがきまる。
 5P チムニー横のフェイス。手も足もよく見えるので余裕を持って登れる。特に迷うところはなかった。

 6P 出だしは立ち木横のかぶり気味の凹角。終了点以外では、ここに唯一のペツルが打たれている。色々やり方はあるだろうが、岩に背中を押し付ける感じがしっくり来る。ここが左方カンテの核心とトポにある。吠えながらキーになるガバを掴めたところで「3ピッチ目が核心じゃないのか??」と呟いた。出だしを越えフェイスみたいに大きいチムニーからクラック沿いを登ると行き詰まる。クラックからトラバースしたリーダYがセットしたカムは、まるでダンスのような軌跡で、ここが左方カンテで一番快適なフェイスになった。こういうピッチは大好物である。

終了点で同行者のTさんとUさんを待つ。我々は、注文の多い料理店を懸垂下降すると決めていた。