八ヶ岳(阿弥陀岳北稜、赤岳)

八ヶ岳(阿弥陀岳北稜、赤岳)
(2017年03月20日) カテゴリー:登山, 雪山

3月17日の夜8時に鳥取駅に集合、八ヶ岳へ向かいました。翌18日早朝、美濃戸までは車が入らなかったので美濃戸口から南沢経由で行者小屋目指し歩きます。
三連休でテント場は約50張りくらいと賑やかです。小屋も宿泊出来たようです。

初日は移動の疲れをとるため、とりつきへ行く道を確認してからゆっくりと明日に備えます。

19日(日) 現地近くに住んでいるA君が合流、6時半テント場スタート。いい天気の予感(その時は)
右から阿弥陀岳、中岳、赤岳。

歩き始めの樹林帯

登るにつれだんだんガスが…風も少々強め

7:30 とりつき到着。先行パーティ一1組あり。

7:50 準備を終え私達も開始。ホールドがしっかりあるのでサクサクと登って行きますが、スタートのみ手足の位置が遠いので小柄な人は少し苦戦します。
1ピッチ、2ピッチ合わせて3ヶ所支点もありました。

2ピッチ目終わってからの3~4㍍のナイフリッジ。

9:30 無事山頂到着しました!

時間もあるので中岳から赤岳へ縦走します。阿弥陀岳から中岳への下りはかなりの斜度なので慎重におり、文三郎分岐からは大勢の登山客なのですれ違いに気を配りながら12時には赤岳山頂に到着しました。この頃には天気も回復、強風を覚悟していましたがとても穏やかでした。

そして文三郎尾根を下りながら、来年もここに来れるよう何度も赤岳主稜を眺めつつテント場へ戻りました。