i-mobile
次へ下へ
写真集
[image002+]

[image02+]

真栄田海岸

恩納村真栄田近辺の海岸。真栄田岬周辺はダイビングスポットになっており、訪れる観光客も多いです。
[image04+]

宮城島

平安座(へんざ)島の埋立地と橋によって沖縄本島と結ばれた周囲12kmの島で、標高121mの高台から眼下に平安座島や与勝半島がひろがっています。首里王朝時代には、思想犯の流刑地であった歴史をもちます。
[image06+]

辺戸岬

沖縄本島の最北端にある岬で太平洋と東シナ海の荒波がこの断崖に激しく打ちよせ、しぶきは崖の上まであがってきます。晴れた日には、水平線上に与論島が見えます。かつて本土復帰を願って「かがり火集会」が行われたこの岬には、祖国復帰闘争記念碑が建てられています。
[image08+]

象の檻

沖縄本島中部読谷村の農道から見た象の檻とよばれる米軍楚辺通信所。この周囲はもともと飛行場の跡地だったので起伏がなく、周辺一帯はサトウキビ畑になっています。農道なので交通量が少なく、車を気にせずサイクリングを楽しむことができます。
[image10+]

万座毛

海を見渡す断崖絶壁の景観とともに、周囲には沖縄特有の植生を見ることができます。名称は、琉球王朝時代の尚敬王が、「万人を座するに足る毛(原っぱのこと)」と評したことに由来していると言われています。絶壁には象の鼻の形をした岩があることで有名です。また、背後には、珊瑚礁で囲まれた万座ビーチを望む美しい景色がひろがっています。

[image12+]

国頭村字奥

沖縄本島最北の村で、沖縄ではほとんど見られなくなった赤瓦民家が密集しており、昔ながらの農村風景が残っています。写真は5月に村の外れにある奥川で行われた奥ヤンバル鯉のぼりまつり。

[image14+]

浜比嘉大橋

1997年に開通した浜比嘉大橋は、海中道路で繋がっている島々の中では最も規模の大きな橋で県内でも3番目に大きな橋です。


i-mobile
上へ次へ